ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 届きました、スチールのボディーで思ったよりデカイけどしっかりとした造りです、車のパーツらしくないと言うか、少量生産品然とした感じがオヤジ好みです、ラベルのデザインはいただけませんが(笑)


 なんとか予定していたスペースに取り付け、バッテリーの横腹に両面テープ付きのベルクロで固定しました、バッテリーの両端子に接続するだけですがこの時既存の配線まではずしてCPUがリセットされない様に気をつけます。真のオカルト品はここでわざとリセットさせる様誘導してるらしい・・・どこかでオカルト品の見分け方として読んだ気がする、この製品の説明書には配線外さなければならない車の場合のリセットが起きないつなぎ方も説明されています


 この赤いのが二年ほど前からパジエロに付けてるコンデンサー系のパーツです、バッテリーコンディショナーと電源供給サポートが同居したもので今回のものと別のメーカーですがフレコミはほぼ同じです バッテリーの延命と言う面では確かに効果は有りましたがトルクUPや燃費については微妙です、多少エンジンの回転が滑らかになったかな~程度です、それならこんな物買うより新品のバッテリー買った方が良いと思う人もいるでしょう(笑)これを買ったときに今回の製品の前の型とどちらにするか迷ったんですが、半信半疑だった事もあり値段が半額以下の赤い方にしました、普通に売られてるバッテリーよりチョッと安い、これって今考えると、メーカーもその程度の物と自覚してるからなのかと思ってしまいます。


 気になる効果ですが、結論から言ってしまうと、2万円チョイでこれだけ効果の有るものを私は知りません、もうこれはオカルトでもなんでもない立派な電装系のチューニングパーツです。同じ車でも元々のコンディションやドライバーの感じ方で差が出るものですし、ましてや車種が違えばもう評価軸自体が違ってきてしまうので表現が難しいんですが、電装系に限ってみてもプラグやプラグコード、コイルの交換程度では(元のコンディションが正常だったとして)到底得られない程の効果が有ります。よくアクセルが軽くなったと言いますが、そんな感じです。ペダルの踏力が変わる訳もないので身体が覚えている加速感に対するペダルのストロークよりも取り付けた後の方が確実に踏み込みが少なくなっているのでしょう。アクセルペダルを踏んだ時のエンジンの反応が確実に速くなり回転の上がりも滑らかになって、車自体の印象がかなり変わりました。努めて冷静に意地悪く見極めるつもりで運転していましたが雨が降っていたせいもあってこの車では初めて舗装路上でトラクションコントロールと姿勢制御の効く瞬間をそれぞれ体験しました。JKの場合メーター内のマルチディスプレイの燃費計が少しでもラフなアクセルワークをするとワンテンポおいてその結果を反映して下がるんですが、以前のラフな扱いの様な加速感で走っていても燃費の表示は少しずつ上がってきます、多分慣れてしまえば燃費の良くなった分はfunの方に使ってしまって今とあまり変わらないんでしょうが、前の様なカッタルイ印象はずいぶん改善されて車が軽くなったようにキビキビ走るようになって燃費が行って来いなら上等です。あとライトが明るくなるとかオーディオの音質がよくなる等の能書きについては効果は感じてますがそれはまた後日、メーカーが言う原理などと共にレポートします。期待以上の好結果に少し興奮気味ですのでちょっと落ち着いてからの方が・・・日、月と遠出もするので高速走行も含めもう少し観察します。

スポンサーサイト
 こんな物つけてみました


 電子式の錆止め機です、能書きによると95%錆を抑えてくれるそうです


 バッテリーやリレー、ヒューズが納めてあるバスタブの中に取り付けました


 キーを抜いた状態でも常時点灯が正常作動の証、怪しく光る赤い四つの目、LEDなのでバッテリー上がりの心配は無いらしいです。バッテリーの+端子から直接電源を取りあとは車体の四隅にそれぞれアースを4本取って完成、後方はフレーム添いにコルゲートチューブで配線しました。別にオカルトチューンではないけれど能書きどうりの効果が有るかどうかは5~10年後に判るのかな、やっぱりオカルトだ~(笑)奥のスペースには来週ホントのオカルト物を取り付ける予定です、効果が有ればレポートしますネ。



 いまごろやっとインチのソケットセットを買いました(笑)
今までオイル交換しかやってませんが13mmで代用しました。あとトルクスやロングソケット、インパクト用ソケットも欲しい所ですが、こずかいがモチません。

 週末名古屋へ行った帰り道、十数年ぶりに三河の山奥に在る父の生家を見てきました、父も戦後すぐに出ていて、私にとってはお爺ちゃん家です。叔父が亡くなって以来十年近く無人ですが、建物の周りの草刈りや庭木の手入れはされていてチョッと感心しました、今は名古屋に居る従兄弟たちがやっているのでしょう。


 ここが良いのは敷地内を小川が流れている事、山頂に近く地形的にも鉄砲水などの心配もありません。子供の頃夏休みに私だけ長いあいだ泊り込んで従兄弟たちと遊んでました。叔父さんやお爺ちゃんがこの小川をせき止めて天然プールを造ってくれたのを今でも鮮明に思い出します。


 今では近くにゴルフ場が出来た関係で山の反対側から比較的簡単にたどり着ける様になりましたが、昔の道はご覧のとおりの廃道です、確か県道から3~4kmの急な登りの一本道だったと・・・今度探検してみようと思っています。





 今回は自分でやりました、カストロの0Wー20です、フィルターも交換しました。グズグズしてるうちに4500マイル、前回の交換から2500マイル走っちゃって、週末は名古屋なので本日帰宅後に決行しました(笑)前回同じカストロの0W-30(ホンダディーラー専用?)で15マイルパーガロンまで落とした燃費、高速道路なども含め通算2500マイルの間に17マイルパーガロンまで戻してきてました、燃費モードの所をリセットして一般道10数キロであっさり18まで回復、出足は兎も角中間加速もスムーズでエンジンも静かになりました。低粘度前提の設計のエンジン、メーカー推奨粘度ははずしちゃだめですね、オートマチックだしギャンギャン回して走る車でもなし、ここらで均しも終了と言う事にしますか。

  サファリストの白さんが撮影編集してくれた動画です

 雰囲気を盛り上げてくれますねこの手の車は


  もう一方のタイヤ屋さんの車 トラック系は好きだけどこの場合ジオのパジェロの勝ち


  新旧FJ 私は好きじゃないです新しいFJ、期待してただけに初めて写真が出た時の落胆から現物を見られるようになった今でも立ち直れません


  私のサイトです、一人の時はテント無し、冬でもタープ下でコッドにシュラフで寝ちゃいます。


  今回初めてご一緒したYさん(黄さんのお友達)の自称ファミリーパジェロ、なかなかどうして、JJC川崎のコンプリートエンジンにフロントWショック、リアはLSDかロックライト(たぶん) 着地これでも底突き感はないそうです、対地ヒットも無しでした


  成績は、宣言虚しくクラスブービーでした爆笑ですね。
でもチョッとだけ言い訳を、去年より9秒詰めました、緩斜面のシケインの設定が去年と少し変わってて同じ車ならタイム出し難くなってたはずです、そこで9秒削った訳ですから 「9秒!」 必死だなーお前って聞こえそうですが、本人は大満足です。人並みに運転できるんですよー、でも身内の5台中5位・・・来年は頑張るぞーって来年の8月にパジエロ車検切れるのに。諸般の事情で(カミサンからのプレッシャーだけ)Jトップの我が家での延命は不可能です。しょーがないのでJK鍛えてJKで出るか、ドライバー鍛えた方が速いんじゃネーのダイエットも含めて(大爆笑)
リンクの中のjeeperさんとこで今回のヒルクのムービーを観ることができます。ほぼ身内の車だけですがのたくりの「言うだけ番長」っぷりは確認して頂けるはずです。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 のたくり日記, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。