ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 2回目のオイル交換を終えた時点で均し運転も終了と言う事にして、オイルもメーカー指定の粘度に戻した成果で、燃費が15MPG台から18MPG台まで回復したと以前書きましたが、更なる改善を期待して微弱放射線系の燃費グッズ、放射線と言う言葉を嫌ってマイナスイオンを謳っている商品たちを投入しました。クーラントに混ぜるもの、燃料タンクに入れるもの、あと燃料タンク用をエアクリーナーBOXに入れちゃう裏技(笑)の3種類です、ちょっと気恥ずかしいので内緒にしとこうと思ってましたが、話の流れで避けては通れないと思いますので(笑)どれもJトップで使っていて一定の効果を私なりに体感した物です。ひとつずつ3日くらい置きに投入、それぞれ少しずつ効果は有りましたが、同じ原理?の物なのでどれか一つでも充分かなって感じです。まぁこれ等はあえて興味の無い人に強く勧める程の物では無いと思ってますし、その効果もパッケージの「燃費最大30%UP」なんて事とは程遠いものです。で、少しですがトルク感が出た分アクセル踏んじゃって燃費は行って来いの18MPGで変わらず。
 
 JKの踏みにくいアクセルペダルを15ミリ程下駄はかせたのは前に書きましたが、依然違和感は残っていて、均しも終わり燃費もこんなものかなとなった所で写真の様にもう一段かさ上げをしてみました。角度も浅くして下端では水平方向で50ミリ程せり出した格好になってます。アクセルの踏みにくさが車の鈍重さに拍車を掛けていると思ったからなんですが・・・効果はと言うと、出足のカッタルさも解消し良く走る様になりましたが燃費が15MPG台まで急落、納車時に戻ってしまいました。


 でも何か変だ、今までは何となくメーカーに対する信頼感みたいな、素人には計り知れない深い計算の存在を期待していた所があって、JKはスロットルバイワイヤなのでアクセルペダルのストローク自体にも何か制御が掛かっていてロックセクション等での乗り易さなどの関係でこうなってるのかなーなんて漠然と思ってましたが(ロック行った事無いので想像です)、どうも違う気がする、こんな、踏み初めにガバッと行かないと反応しないアクセルと言うかエンジンはセッティングなんかじゃない、ただ詰めが甘いだけなんじゃないか、開発段階での燃費の目標値クリアするためだけのプログラムなんじゃないかと。これは何とかしないと気持ちが悪いと思い始めました。

 JK用のサブコンは見当たらないので現地で売っているプラグインタイプのチップをメールオーダーするかとも、でも可変タイプじゃないしなぁ、じゃあインテーク周りを何とかするか等々。いろいろ考えました、少ない知識で(笑) いずれにしてもポン着けしか私には選択肢が無い、で、今回の蓄電系の装置を試してみようと(笑)どうもこう言う物が好きなんですね私。

 簡単に、と言うか電気の事良く解からないのでこうなるんですが、この製品の効能の原理をを私なりに要約します。コンデンサはバッテリーと違い空間に電気を貯めるもので容量に制約がありますが貯めた電気を瞬間的に放電します。車の電気回路にはノイズがいっぱいだそうで、先ずそのノイズを吸収するんだそうですコンデンサが、それとバッテリーは蓄電した電気を急速に供給する事が苦手で、それをコンデンサの急速放電でサポートするんだそうです。一番大事な点火系を初め様々な電装品が要求する電圧に対してノイズの位相が逆に働くと電圧が瞬間的に限りなく0に近ずきプラグの失火や電装品の瞬間的な不作動を起こすらしい、発進や加速時の急な電圧の要求に対してコンデンサの放電で補ぎなって失火を減らし、ノイズを吸収して電装品に対する安定的な電源を供給してエンジンや電装品本来の性能をを発揮させると言うものです。
 
 この製品で一定の効果が有ると言うことは何も不具合が無いと思っていたエンジンも常時失火しているという事になりますね、確かに排気音もフィールもスムーズになった感じです。
 オーディオについてもいい音になりましたがこれは電源の安定が実現しているならば当然かもしれません、ホームオーディオでも機器それぞれの交流電源の位相を揃えるだけで音が良くなるので・・・ただ感性の部分ですのでこれ以上私なんかの表現力では・・・唯の純正オーディオですしね。電装系の顕著な変化としてホーンの音が大きくなったと言うより鋭くなりました、私の車は純正のセキュリティーの関係で降車時にキーのリモコンでドアをロックするとホーンが1回鳴るんですが、商業施設の駐車場などでは一斉に視線が飛んで来るのが嫌で、足早に歩きながら20メートルくらい離れてからロックするようにしてるくらい気にしているので確かです、夜遅く帰宅した時なども余計に気になるようになりました。

 結果としてアクセルペダルの改造で失った燃費を回復して、なおもう少し良くなって来ています、一番の問題だった踏み初めのもたつきも解消され、中間加速もスムーズになりかなり乗りやすい車になりました、このあたりがJK、特に重いアンリミテッドに対する不満の大きな部分だったので、ことさらに効果を感じているのかも知れません。またアクセルぺダルの改造や燃費グッズも下地になって良い結果が出ているんじゃないかとも思っています。

 暇にまかせて長々と書いてしまいましたが、結果的にある程度効果を認めているので検索で引っ掛かったりするとメーカーサイトにリンクされてしまう可能性があり、そういうの嫌なので製品名は書きません、これで長期的に電装系に不具合が出なければほんとに良い製品だと思います。興味の有る人はオカルトチューン?2の写真で判別して下さいね。
 
 

スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 のたくり日記, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。