ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 どうも、またまたスロットルボディースペーサーです(笑)
グラフはシェビー350のデータらしいけど、いかにもアバウトで、ラテン系


 土日で約250キロ(高速道路90%)ほど走りましたが、前二回のレポートとはチョッと違った印象になってます。 先ず高速に乗り入れて感じたのは巡航速度が少し上がったこと、わたしの場合車によって自然に馴染む速度みたいなのがあってルビコンでは高速で90kmくらい、TTクーペだと130kmくらいで、そう言う意味の巡航速度です。な のでルビコンだとチョッとだけムリして流れに乗る必要があったんですが、それが無くなりました。巡航100kmくらいが収まりの良い、気楽に走れる場所になりました。うまく説明できないんですがこう言うのってありません?回転の上がり方もスムーズになったような・・・瞬発力がわずかに上がったと言うか、レーンチェンジやダンゴの中でのポジション取りにもさほど気を遣わず、運転が楽になりました。相対的に以前より終始少しだけ高めの速度で走って燃費はわずかに向上で、なんかイイかも。が土日の感想です。

 明けて、昨日今日と一般道、相変わらずアイドルからのスタートはチョッとだけもたつきますが1500回転以上特に2000回転から上は、良く回るようになったと言うか、自動車雑誌風に言えば、トルクの立ち上がりがリニアになったとか、ソリッドな加速感って言うやつです(笑) トルクが上がったって感じとは違うけど確かに加速感は上がってます。 JKのV6は、はっきりしないと言うか、眠たいエンジンで飛ばそうとは決して思わないんですが、ここに来て少しだけアクセル開け気味で走ってる感じです、ドロンとした特性に変わりは無いんですが、チョッとだけ楽しいエンジンに変わりました、飛ばし気味に走っていれば燃費は悪化しますが、今のところ1MPGダウン程度で性能とバーターと思えば許容範囲です。

 数日でかなり印象が変わりましたが、コンピュータの学習が進んだ結果なんでしょうか? とにかくスロットルボディーの後ろ側で内径を狭くしているのは確かで、この辺が常道とは逆になっていて、それでも少し性能が上がる・・・少しトルクが上がった時の変化に似ているのに、素直にトルクUPしたと言う体感が無いのも不思議な感じです。

 同じJKでもより軽量な2ドアならもっとメリハリのある体感が在るんじゃないかと思うと、前のレポートとは反対にお奨めパーツになり得るかもです、少なくとも「こんなもの外しちゃえ」からは格上げです。

スポンサーサイト
テーマ:クロカン - ジャンル:車・バイク
 そのうち漏るとは思ってたけど、意外に早かった。今まで土砂降りの中駐車してても大丈夫だったのに・・・雨の中ちょっとだけ不整地を走ったら助手席の一番外側辺りから漏れた。どうも捻りに弱いみたい、車両保険とは別に、メーカー保障の代わりとしての修理保険には入ってるけど、まぁ大騒ぎするほどの事も無いので暫く様子見で、対策品のパッキンが在るらしいのでそいつを販売店に取り寄せてもらって自分で治すつもりです。

テーマ:クロカン - ジャンル:車・バイク

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 のたくり日記, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。