ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 遂に取り付けられる事がなかったピットマンアーム(笑)


 今日、Jトップを看てもらってる、整備工場へピットマンアームの事を訊きに行ってきました。
おおかた次の4つの方法が有るとの事。
①ギアプラーを架けた状態で兎に角叩いて叩いてまた叩く(ハンマーと同等の重さの当金を必ず使用)叩き方が優しすぎたみたい
②ステアリングギアBOXごと降ろしてから好きに料理する(笑)
③ナットを緩めた状態でダブルナットを掛ける等の脱落防止をしてから走り回る
④ナットを緩めて据え切りを繰り返す
プロとしては①、②で必ずケリをつけるそうで、③、④は一度試してみたらどう?てな感じでした。
 せっかくだからコイツを取り付けたい、そろそろアメリカからピットマンアームプラーが届くころなんで、それを使ってもう一度①でやってみよ~っと。

スポンサーサイト
テーマ:クロカン - ジャンル:車・バイク
 作業前


 作業後 3インチUP、ファブテックのベーシックキット、パフォーマンスショック付です。

フロントは上、リアは下にソーサーを入れ、純正スプリングをそのまま使用します。
前後ともトラックバー(ラテラルロッド)はホーシング側のマウントを追加して持ち上げて補正してます。
キャスター角補正用のボルト取り付け作業はぜーんぶ師匠が(笑)  かなり面倒な作業ですがサクサクと、私が他の事に気をとられてるうちに終了。
フロントバンパー下の樹脂製のフェアリングは撤去しちゃいました。

キットに付属のショックは、純正品の様な凝ったバルブが付いていないので、乗り心地はかなり悪くなります、少し硬くなるだけなら良いんですが、今まで感じなかった細かな振動がモロに伝わってきます、街乗り用には奨められません、逆にクロカンなどをやらないけどリフトUPはしたいと言う場合、ソーサー(スペーサー)だけのリフトでも心配ないかとも、またそこに、フエンダーギリギリのタイヤ、ホイールが履きたいなら、長さ調整ができるトラックバーを前後に取り付けて、トレッドを車体中心に補正してやるだけで充分いけるかなと(但し3インチくらいまで)今回作業してみて思いました。

テーマ:クロカン - ジャンル:車・バイク
 こぞうさん(師匠)のお陰で、ビシッと完成です、当の本人が不甲斐ないので余計に時間がかかりましたが、それにしても師匠のスキルには舌をまきました、貴重なノウハウを少しだけ吸収させてもらいました。多分私を見ながらイライラしてたと思います(笑)
 比較的小さなタイヤなのでもっとお間抜けな感じになると思ったけど、意外に決まった!と思うのはオーナーだけ?(笑)


 ノーマルでは少し扁平な印象だった後姿も、逞しく変身です。


 結局ピットマンアームは抜けず、そのまま組みました、ロッドの角度もそれほどでもないので、春になってオフに行くまでになんとかします。キットのフロントスタビリンクは、両端ゴムブッシュで余りにもショボイのでお蔵入り、単品でルビコン用を手配しなきゃ。それ以外は、ファブテック、なかなか良いキットだと、師匠も言っておりました、私が判定しても意味無いので(笑)

テーマ:クロカン - ジャンル:車・バイク
 ギアプラーでもピットマンアームが外れず日没、明日朝からもう一度チャレンジします。   朝までこのまま放置です。


 リアは完了してます、フロントはバンプストッパーのベースを削るなどまだやることいっぱいです、作業性を考えてロッド類は全て外しちゃってるし、師匠の助けがなければ、私一人では到底出来る作業じゃ有りませんでした(笑)師匠の段取りに従い補助作業に徹しただけなのに、ホントに疲れた~コラコラ! 師匠と一緒に近所の日帰り温泉で身体を癒して明日に備えます。

テーマ:クロカン - ジャンル:車・バイク
 ラチェットハンドルの分解掃除、パーツクリーナーで洗って、電動ガン用の粘度の低いグリスを入れます。26年くらい使ってるヤツが最近少し調子悪くて、そろそろOHかなっとも思い開けて見ることに、砂ぼこりが溜まってただけでした。ついでなんで同じメーカーのをまとめてクリーニングしちゃいました。チリチリと気持ちの良い音たててます。


 クリーパー(寝板)と一緒に工具も移動できる様に、車内用靴置きトレイにキャスターを取り付けて自作、15分くらいで出来ちゃいます。


 グリル状のシートが付いているので、無造作に引っ張っても、工具が片側に寄っちゃったりしません。


 サッカー、しかしあの環境の中よく我慢したと思う、先制してなかったらどうなってたか・・・
審判、日本に有利な判定をしたと将軍様に思われたら、家族全員飢え死にも在り得るからな~、妻子が有ってもおかしくない年配だから、お父さんとしてはああする他ないのかも、いくらスポーツは政治とは関係ないって言っても、誰かの気分で人の生死まで決まってしまうような国は仲間に入れちゃダメでしょ、宣伝に使うだけなんだから。
 
 
 

 昨日、3ヶ月ぶりくらいに洗車、珍しくカミサンが手伝ってくれたので、TTクーペも一緒に洗って、TTはコーティングまでして、二人してクタクタに。  ピカピカじゃー(笑)


 今日はオイル交換をしてその後に、フロントの泥除けを、ゴム板で自作する予定だったのに、オイル交換を終えてサァこれからと言う時に、急にカミサンが出かけると言い出し、エッ!?何処へも行かないって言ったじゃん・・・TTの前に店開きしていた物を強制撤去、日当たりの悪いルビコンの後ろに移動され、寒いし、気持ちも萎えちゃうし、結局また店開きするのも面倒なので止めちゃいました(笑)   JKは純正のランニングボードが無い場合、泥除けを考えないと、前後のドアのグリップまで泥だらけになります。でもJAOSのみたいな赤や黄色のフラップだけはは絶対に着けたくない!(笑)


 レンチ類が増えて工具箱が重くなりすぎたので、レンチロールを買って分散、車に積む場合はガチャガチャ言わないし、意外に収納力も有っていい感じです。


 今回、散々雪道走った後で洗車してみて判ったんだけど、JKのスポーツやルビコンの場合ランニングボードや泥除けが無いので、ドアに小さな鉄片なんかがイッパイ刺さります、特に高速道路がヤバそうです。私のルビコンもロッカーレールからステップに換えているので全くの無防備です、何か対策しないとホントにマズイです。特に白のスポーツは要注意!茶色のシミが点々と・・・オフやらない人は迷わず純正のランニングボードと泥除けを注文して下さい。余計なお世話?(笑)

 今日はリアルレンチが届きました、カミサンからのバレンタインデイのプレゼントです。


 リフトUP作業に備えて、インチサイズのコンビネーションと、足りない分はアジャスタブルレンチで。私が選んでカミサンが支払い、お陰でチョコはスーパーのバレンタインコーナー、向こう5年間はスーパーのチョコらしいです(笑)

 今年もまだ父さんがホンメイだよって、一日早く届きました。


 これは? サスキットより遅れて届いたサービスジャッキライザー、高さ10センチ弱、標準装備のジャッキの下にかませれば、4インチUPの車でも、余裕をもってフレームに架けられます。


 ただのウレタン樹脂?の塊で49ドル99、あまり売れそうにないこんな物でも金型起こしてるので仕方がないかなと思います。AEVと言うメーカーで、JKの鉄板のボンネットやTJを全部鉄板でトラックにしてしまうキットなんかで有名です、何でも金型起こしちゃう会社で、JKのオフロードバンパーや車体後部のコーナープロテクションなんかも金型起こして鉄板プレスで造っちゃいます。車のパーツに限らず少量生産の物で金型が必要なデザインを採用するには、かなり度胸がないとできません。金型を起こせば価格が高くなるので、その製品に対する相当な自信や思い入れがなければ、なかなか踏み切れない事です。こう言う観点で見た場合、JK用のインテークなんかは、すごく解かりやすくて面白い結果が出てます、ホンメイと思っていたK&Nが平凡な結果に終わり、まだまだ出揃ってない感じがするので、今は待ちかなと思っています、いずれ交換する時にまたレポートしますね。

 雪の具合を偵察がてら開田高原まで、やまゆり荘で温泉につかってから売店でかぶら寿司とそば饅頭を買い込み脇道の林道で遅い昼食。


 自分の来た道を振り返って、轍の幅広さに車の大きさをあらためて気づかされる、本来の車幅よりかなり内側に座っているので、未だにピンときません。


 除雪のアマイ道を探していて通りかかった木曽馬の飼育施設、お天気が良かったからなのか、外に出てました。目近で見るのは初めてで、すごく綺麗な動物なんですね木曽馬、みんなで風の来る方にお尻を向けて殆ど動かない(笑) この姿、アルタミラの壁画を思い出しました。


 気合入れてチェーンも持って行きましたが出番なし、開田高原は雪の少なかった去年と同じくらいの積もり方で、ちょっと期待はずれでした。

テーマ:クロカン - ジャンル:車・バイク
 10時ごろにもう一度雪かき、小降りになってきた感じで一安心。


 これJトップですよ(笑)

 今シーズン初のマジ降りです、近所の旧家?です。


 ちょっと買い物に出てる間に15センチくらい積もってました。


 とりあえず、1回除雪しとかないと・・・この調子だと夜中に1回、明日の朝もう1回やらなければいけないかも。 ザッと雪かきして玄関で帽子を脱いだらこれでした。



 土曜日、いつもの戸倉上山田温泉に泊まり、今朝から上越回りで白川郷へ行き、高山から安房トンネルを抜けて、9時頃帰宅、さすがに疲れました。
 上信越道妙高SA、この辺りが一番雪深いです。


 日本海、雪は少ないけど、寒々しい景色、この後一旦富山で高速を降り、市内で寿司を食べる、魚が不味いことで有名な名古屋育ちで今は長野の山の人にとっては、こたえられない旨さでした。


 白川郷、こんな天気でもかなりの人出でした。なにはともあれ世界遺産!




 この後、荘川から高山まで、高速を避けて下道で山越え、殆ど往来も無く日曜日のためか除雪も殆どされていなくて、楽しいドライブでしたが、老体にはちょっとこたえました(笑)


 夏場なら360号で直接、白川→天生峠→飛騨→高山ですが、さすがに時間も遅く、通行止め等も含め危険と思い、遠回りでも荘川まで下りましたが、道幅も有りなだらかな荘川→清見間でも上の写真ですから、正解だったと思います。

テーマ:クロカン - ジャンル:車・バイク
 アジャスタブルリトラクタブルロッカーガード(笑) 外側で固定しています。
ルビコンブラックと言う色を選択しましたが、唯の結晶塗装でした(笑)
販売サイトの写真ではブラケットが確か4個所だったと思ったけど、製品化の段階で3個所になっちゃったみたいで、箱を開けたとき、間違って2Dr用が届いたかと、一瞬焦りましたが充分長いし、確かまだ4Dr用しか出てないので、そう言うことなんでしょう。


 名前倒れで、実際には2個所しか調節できません。銀色の通しボルトとの所と、奥の穴の所、外か中かの二択です、ボルトの下に溶接されているナットに芋ネジを入れれば好きな所で固定可能ですが、通しボルトが使えないので強度的に不安で現実的では有りません。通しボルトの穴にはスリーブが溶接されていて丁寧な造りです。
 ボディーマウントから2個所フレームから1個所の3箇所からブラケットを取りそこに本体を差し込んで前後2箇所で固定します。


 前側はフレームから取ります、元々開いている穴を使いフレームを傷めません。取り付け自体も全てボルトオンで、1時間かかりません。


 こんな感じです、微妙でしょ。


 オリンピックと言うメーカーです。TJのシンプルなロックバンパーなんかが日本にも入ってきてます。
ステップとしての耐加重は1000ポンド、450キロくらいでしょうか、何処に乗っても不安はありません。純正のロックレールより少し軽量で、純粋なロッカーガードとしては到底純正には適いそうもありませんが、フアミリーカーでもあり、あと3インチリフトするための苦渋の選択です。

テーマ:クロカン - ジャンル:車・バイク

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 のたくり日記, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。