ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 実は昨日の河川敷は、遠山郷の日帰り温泉に行く途中によってみただけだったんですが、その途中で、沢山のクラシックカーとすれ違い大興奮、ゼッケン付けてたんで、何のイベントか検索してみると、2日間に渡り駒ヶ根で開催された、グランプレミオ アウトストリケというイベントでした。てことで、競技終わりで(ラリー形式)全車が集まるはずのランチタイムを狙って、駒ヶ根高原のホテルまで見学に行ってきました。


 1972年以前のスポーツモデルというのが参加資格みたい、その中で一番のお目当てがこれ!外から眺める限り完璧です、多分有名な個体なんでしょう。


 フィアット アバルト1000ビアルベーロ、キャブがエンジンの真ん中からアッチャコッチャに生えている、リッター当り軽く100HPを越えるエンジンを積んでいます。初めて目近にしました、あと黄色の凄く綺麗なディーノが居たはずですが、雨も降り出して、ドライバーとナビゲイターとは別に積車かなにかで先に帰っのでしょう、サポート隊が居ても不思議は無いです。
全部で50台以上居たと思います、普段なかなかお目に掛かれない希少な車たちを目近にしてとても幸せなひと時でした。


 ホテルの真裏にあるコーヒーショップで暫し余韻に浸りながら、今日のもう一つのお楽しみに思いを馳せます。


 最近駒ヶ根のエンスー系車屋に入庫し、直ぐに売れてしまった、131アバルトラリー、一度に数人が手を挙げ、じゃんけんで買い手を決めたそうです(笑) 丁度積車で入庫した時に見かけ、見に来ようと思ってて、来てみたらもうSOLDOUT、例によって「あ~良かった」(笑)
ホントに若いときから、兎に角一番欲しい車なんです。


 並行中古で本国ではそれなりの使い方がされていた個体に、国内に入ってから、ボディーを中心に1度丁寧な修復が行われた様で、ボディーだけは素晴らしいコンディション、手元に直立したシフトレバーを持つスペシャルTMやツインウェバー、ハイカム、ハイコンプ、エンジンルームのブレース、アンダーガードなど、手に入れたらやってみたいと思っていた事が一通り、本国からキャリーオーバーで残ってます。左右の前席はノンオリジナル、後席はかなり風化が進んでいるなどのあばたは見えなくなってしまうくらいの、オヤジ好みの仕様です。
 とても親切な車屋さんで、エンジンをかけてサウンドを体験させてくれました。お話してみてショップオーナーの人柄も信頼できる感じだし、他の展示車も上玉、ヤバイです、近所に良い車屋が在るっていうのは、馬鹿オヤジにとってヒジョーニ危険な事です(笑)

スポンサーサイト
 リフトUP後初めて、河川敷でチョッと遊んでみました。


 石混じりの砂地のバンク、轍が途切れてます、そう、登れてません(笑)


 オープンと前後ロック、2度挑戦しましたが、両方とも大差なく撃沈。Jトップならヒョイッと上がれる所です、車速をを上げてエイヤーと行けば上がれるんでしょうが、下流に釣り人もいて、あまり暴れるのもナンだったので、「今日はこのくらいで勘弁してやる」と嘯いて退却(笑)
イメージ的には、このくらいはスルスル~と登りたいのに、掻くばっかりで・・・やっぱりアクセルペダルの角度変えたのがマズかったかなー、ソローッと踏めない、可変ペダル考えるかな。
 新しい足周り、早くどこかで試してみたいけど・・・豊根かなー、黒井沢も行ってみたいし、何処でもいいから誰か付き合ってくれないかなぁ。

テーマ:クロカン - ジャンル:車・バイク
 挨拶代わりに「タイヤ換えた?」なんて会話が良く聴かれるこのごろの長野県南部、例年より早いけど、スタッドレスを入れてもらった整備工場に、ホイールごと預けっぱなしにしてあることだし、リフトとエアツールの魅力に負けて、時間を創って交換に。パジェロを看てくれている工場長が、「なに?」 「タイヤ換えたい・・・」と私、「おーい、タイヤ換えてやって!」と若い衆に。ラッキー、やってもらっちゃいました(笑) 暇なのでスタッドレスの方を敷地の反対側の洗車スペースまで1本づつ転がして行って、スチームで綺麗に洗い、味をしめてまた預けて来ちゃいました(笑)
まてよ、また伝票回ってきたりして・・・


 すったもんだの末手近なところで手を打って、お茶を濁した感のあるホイールですが、本人的はマァ気に入ってます。それにしても、リフトUPしてから、細かな振動をイナシテくれないファブテックのショックにBFGのマッテレはかなりキツイ、スワンパーにでも換えようものなら、家族の大ブーイング間違いなしです、たぶん(笑)

テーマ:クロカン - ジャンル:車・バイク
 4連休、訳ありなので温泉とかも無し。
帰省中の娘を連れて日帰りで御殿場のアウトレットへ行っただけで、オヤジは暇。
リフトUP時に師匠が何度か調整してくれたステアリングセンター、暫く乗ってみて少し気になったので再調整と、ロッカーガードをステップタイプに交換してからいっそう酷くなったボディーの汚れと、タイヤが跳ね上げた異物による被害を軽減すべく、ゴム板でフラップを、お試し版です。石ハネでドアヒンジの塗装が剥げたりしてます。


 30センチX30センチのホームセンターで売っている物を半分にカットして、左右のインナーフェンダーにボルト留め、あまり役には立ちそうにない(笑)雨降りに走ってみて、必要最低限の長さや厚み、形状を掴みたいと思います。



テーマ:クロカン - ジャンル:車・バイク
 昨日まで仕事で中国に行ってました。 
中国の車雑誌、簡体字が判らないので英文よりもむずかしく、全く理解できません(笑)


 ガソリンが1L75円くらい、一般の人の月収が日本の10分の1くらいと考えると、かなり高価です。ちなみにレクサスのLS460Lが日本円で1600万円以上、RAV4が500万円くらいで売られてるようです。
 LC80の記事も載ってたりします、RX8の日本的な改造の紹介なんかも。ちなみに裏表紙はSPYKERの広告、EUでも4000万円?くらいの車、いくらで売れるんだろ?


 上海郊外の高速道路、雨で濡れた路面、普段から砂埃っぽいところへの雨で、絶対に滑りやすい路面にも関わらず120キロくらいでこの車間距離、それなりにルールはあるんでしょうが、私には理解不能でとにかく超危険です。乗ってる車はBSのタイヤで山もたっぷりですが、相手もそうとは限りません、EUでのタイヤテストで中国製のタイヤの制動距離が最低だったとの話が頭をよぎり居眠りもできません(笑)タクシーに乗るときは車体の新しさや綺麗さよりもボロでもタイヤの残り溝を観て乗ります。 


 中国でも日本車の評価は非常に高いです、値段も高いけれど維持費が安い、壊れないのが受けてるみたい、もちろん性能の良さも評価されてます。少し前まではホンダ、今はトヨタが一番みたい、ホンダはオデッセイが人気、三菱は少ないけれど高性能車のメーカーというイメージみたいです。上海辺りの高速で一番良く見かけるのはアウディー、意外に多いのはGMとクライスラー、フィアットやシトロエンも居ますが撤退は時間の問題(笑)ベンツが少なくてレクサスは羨望の的みたいです。高速でレクサスISの陸送(新車はナンバー無しで移動OK)に出会いましたが、黒いのが2台連なって猛スピードで車混みを右に左にとかわして、水中でペンギンに襲い掛かるアシカみたい(笑)プロドライバーの腕の見せ所なんでしょうが、アクセル全開間違い無しの運転で、皆が見てる訳だしレクサスディーラーのイメージは何処に?って感じでした。

 いつも現地でドライブしてくれる仕事のパートナーが、助手席で足を踏ん張り拳を握り締めて、ウヮッとかウゥ~とか小さな悲鳴をあげ続ける私を見て、「貴方、中国で運転ムリネ」と冷やかします(笑)誰が運転するか!ハワイやグァムなら平気でレンタカーで走り回りますが、絶対にこの国ではムリ、一般道なんかもっとルール無用で、言ってみれば危険回避のビデオゲームの様です。歩行者の信号無視やバイクの逆走は当たり前、左ハンドルなので、助手席に乗ると自分が運転してる気がして神経ズタズタです。
 高速道路はすいていれば150キロくらいで巡航(制限速度はルートや場所によって違いますが100~120キロくらい)オービスも覆面パトもアリです。大体3車線で速い車が内側ですが80キロくらいの大型貨物が一番内側走ってて譲らなかったり、150キロで走ってるこちらの鼻先1メートルくらいに割り込んできたりと、グランツーリスモみたいな事も起こります(恐)
ドケドケのライトのパッシングやクラクションはバンバン使いますが、酷い事をされちゃった後に文句を言ったり、追いかけたりはお互いにしません、全然気にして無いみたいで、やった者勝ち、やられる方が悪いって言うのは、道路に限らず社会全般の縮図の様で興味深いんですが、命懸けの高速移動はチョッと・・・ゆっくり走れと言っても全然聴きません(笑)今回有効だったのは常に話しかける事、話しかけてると、平均速度が落ちるし車混みでの無謀な割り込みもしない事が判りました(笑)平気な顔してきわどい運転してる様で、結構神経張詰めた状態で運転してるんだなーと(笑) 他人よりも前に出る事に対しての執着や集中力、ビジネスでも同じで、そういう人たちが成功して、今車を手に入れて走っているのだと思うと高速道路上での独特のマナーと言うかルールも頷けるような気もします。今回も無事帰国できてなによりでした。
 

 週の初めに届いたピットマンアームプラー、たのみ忘れた1セット分のブレーキラインとサイドマーカーガードもついでに、朝おそくから再挑戦・・・


 ガンガン叩きながらトルクを掛け続けるうちに、ネジ山が逝っちゃいました(笑)何の工夫も無い普通のネジなんだもん。14ドル99・・・しょうがないか(笑) その後もイロイロやってみましたが、結局本日もギブUP。


 先回やり残した、ステアリングダンパーの移設、ドラグリンクの上側に乗っかるようにして、岩などから守るためのキット、ブラケットをトラックバーブラケットに共締めします、メーカーが違うので加工が必用、でも簡単。


 あとは、一番壊しそうなサイドマーカーレンズのガード、スチール製でフェンダーとレンズの間に挟み込みます、インナーを固定している樹脂製のリベットみたいなのを左右それぞれ一個ムシリとる必要がありますが、再利用できました。



テーマ:クロカン - ジャンル:車・バイク
 こぞうさんが、ピットマンアームの交換に必要なスパナを貸してくれたんですが、スパナといっしょに、彦根名物?が届きました、たくあん入りなのにサラダパン。変わった味ですが普通に食べられる(笑) せっかくなので家族で顔を見合わせながら美味しく?いただきました(笑)
 こぞうさんはネタ的飲食品の伝道師でもあります。


 下の二本が今回お借りしたスパナ、上の三つは前回の作業で、私が持ってなくて、こぞうさんの物が大活躍だったので今回別に揃えました、18mmのソケットとギアレンチ、21mmのコンビネーション。18mmは多分23/32インチで手持ちのセットには入ってなくて、ミリ規格でも充分作業できることが判ったし使用頻度も高いので、21mmは13/16のソケットの相方として代用です。


 リフトUPして始めて高速道路を走ってみました、ホーシングを残したままで3インチ車体が上がって、確実に前投影面積は増えてるので当たり前ですが、今のところ高速では5%くらい落ちてる感じです、一般道ではそれほど変わってない気がします。フロントアンダーのフェアリングをはずしたせいか、高速のカーブでギャップに当たるとアンダーステアになる気がします、他に原因が有るかもしれないけど、いずれにしてもリフトUP作業の影響だと思います。
 
 正規輸入車でリコールが出ているABSの不具合、それらしき症状がうちのルビコンにも出ました、リフトUP前から出てたんですが、たまたま凍結路や濡れた路面で、でもABSが作動する程の状況じゃなくて、やけに敏感だな?と思ったくらいでした、昨日はドライ路面で頻発、アーキタキタやっぱりキタかーって感じでした(笑)一度キーを抜いて再起動で収まりましたが、思い出したように時々出ます。当然並行車はリコールの対象外、販売店はアメリカに問い合わせると・・・クライスラー日本の対策としてはプログラムの書き換えらしいので、ソフトが手に入ったとしても、少なくともディラーと同じシステムが無いとできないはず、対策後のABSモジュールを取り寄せても対象車のECUとのマッチングが取れるかどうか・・・まぁなんとかなるでしょ、ある程度覚悟がないと並行車は買えませんからネ。費用は修理保険でなんとかなるけど、どれくらい日にちがかかるのかが問題です。これが解決しないと、来週届くはずのステンレスのブレーキラインに交換する気になれません。

テーマ:クロカン - ジャンル:車・バイク

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 のたくり日記, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。