ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ハードトップを載せてコロコロするやつです。
2ドア、4ドア兼用です、別売でソフトカバーも在ります。


 デュアルトップと言うオプション付きの我が家のルビコン、ハードトップの内側にたたんだ状態のソフトトップが、1度も使われないまま眠っています。気まぐれな性格ゆえ、その度に誰か召集したりするわけにもいかず、ハードトップの外し方、マニュアルすらよく見てません。カーポートにハンドウインチでも取り付けて・・・など考えてはいたんですが、粗忽者のオヤジ一人では、降ろした後の扱いにもイマイチ不安が(笑) このドリー、早くから発売されてて気にはなってたんですが、ハンドウインチなどで水平に降ろしてから、もう一度縦にドリーに積む、コレを一人で?ムリだ、と思い込んでました。ところが製品の詳細のPDFを開いてみたら、降ろす前に固定しておけるじゃん、これなら何とか成る。水平に降ろして、ヨッコイショと立てるだけ。
 オーダーするもバックオーダーで何時届くかは不明です。

 海外通販で閉口するのが送料の高さ、どんな基準かは不明ですが、ある程度まとめて梱包してはくれます、それでも航空便なので重量で計算されるものと思われ、いっぺんに頼んでも、送料がそれほど割安になるとも思えません。まぁ気分的に割高感を薄めるために、何点か纏めて買うようにしてます。
 で、これ。デフカバー、カバーと言ってもデフに上からかぶせる訳ではなく、純正のぺらぺらの鉄板を剥いで取り替える物です。
鋳鋼製でドレンボルト付きです。この手の製品は沢山出てますがドレンのある物はこれだけ、オマケにオイルディップまで、車の発達がアメリカとヨーロッパが交じり合っている、ある意味で日本に近いオーストラリアのメーカーの製品だからかとも思います。アメリカのデフはオイル交換のたびに薄い鉄板のふたをひっぺがしてまた液体パッキンで貼り付けるのが当たり前みたい、これからは、何かやらかさない限り外す事も無くなるけれど、いちいち面倒なので専門メーカーのガスケットも注文しました。
 この手の製品、正面や下からの衝撃からデフを守るための物と思い込んでたんですが、先にも書いたように、デフ玉が薄い鉄板とボルトで閉じてあり、事実上開放端であるため、普段の走行中も路面からの衝撃で常時たわみが生じて、ギアやベアリングにストレスがかかっているらしく、それを防ぐ効果も大きいとか。そんな訳でデフオイルの交換でひっぺがすついでに前後とも交換します。


 それから、リフトUPの時、あまりにもしょぼくて使わなかったキットのフロントスタビリンクとなぜかノータッチのリアのスタビリンクも、左がフロント用で、ルビコン専用のリンク自体には解除機能が無い物です。



スポンサーサイト
 雪道苦手な家内、少しの雪でも怖がり、例年四月半ばまではスタッドレス、先週交換でも良かったんだけどダラダラしちゃって、本日ようやくタイヤ交換、ついでに2ヶ月ぶりの洗車も。


 6月には二度目の車検です、ルビコン買っちゃったし、手頃なところで欲しい車も無いと家内も言うので、最低あと2年は我が家に居る事になってます。

 昨日、名古屋へ行ったついでに、ステージフォーによってJK用のキャニスターガードを仕入れてきました。
燃料が直接大気中に蒸散しないための部品で、樹脂製のデカイのが後席の真下に付いてて、大石を内側に踏み外せば、一発昇天(笑)割れなくても、取り付け部分がモゲテ配管だけでズルズル引き摺ってる姿が目に浮かびます。壊しても帰れなくなるようなパーツじゃないけど、やっぱり気になります。


 3mmのアルミ製でバスタブ形状ですが、水捌けのため後ろ側は開放になってます。


 キャニスターのステイに共締めの3点支持、後ろの1本足は別パーツで、スチール製です。


 ぶつけても絶対大丈夫なんて発想のパーツじゃなく、不用意な接触でガードが曲がってもキャニスターの破損は回避する、程度のものです。


 轍に嵌ったり泥に埋まった時の事を考えれば、フロント側にもう少しのスキッド性と取り付け強度が欲しいところですが、相手が岩だったりすると、この程度の厚みでは、逆にそれがアダになるかも、どちらにしてもいきなりパリンと割れちゃう事を避けるため、と割り切ったパーツと考えれば、造りも良くお買い得なパーツでは、と思います。
モトレージ製で12600円でした。

テーマ:クロカン - ジャンル:車・バイク
 ABSが過敏に反応する症状、販売店に連絡してから暫くして一切顕れなくなり、別に不便もなく時を過ごしていました。それでもABSのコントロールユニットのプログラムのミスには変わりないし、症状が出ている個体の方が珍しい中で、2007年モデルのほぼ全車にリコール、しかも当たりの個体(症状出現)ですからほおって置く訳にも行きません。幸い販売店で手を打ってくれて、店頭まで行けばいつでも直せる状態で、後は私が埼玉までいつ行くかだけだったんですが、埼玉近辺の適当な温泉宿を見つけて、そのついでに直す(笑)という事に。昨日今日で決行、無事プログラム書き換えが終了しました。ここ1ヶ月以上全然症状も出てなくて、別に直ったという感覚も何もありませんが、場所がブレーキだけにこれで一安心、並行輸入車でも何とかなるモンなんですね。サクッとこなしてくれた販売店と担当者をチョッと見直しました(笑)


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 のたくり日記, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。