ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 燃費、最近良くないです。特にスロットルボディーを加工してから、あいまいな表現だけど、車が良く走るようになってからです。納車されてから約16ヶ月、総合燃費って言うか、乗車人数、山道や一般道、高速道路多用の長距離も含めた私の行動パターンの中での、非常に大雑把な感じの見方ですが、スタッドレスタイヤに履き替える直前あたりが一番良くて、燃費計で19MPG台(8キロ+)は常時出てたと思います。直径の若干小さなスタッドレスにして、雪道で4Hに入れることも多いその後の時期でも18MPG台(7、5キロ前後)はほぼキープできてたと・・・特に燃費に気を遣っての運転ではないけれど、JKアンリミの特性、ネムタイエンジンと車重に強要されてのジェントルなドライブです(笑)
今はと言えば、16MPG台前半(6、8キロ前後)。JKと言うか、私の車にはスイートスポットみたいなのが在って、表現が難しいんですが、極端に加速を抑えるよりもメリハリを効かせて、踏む時は踏む、一定の速度まではリズムよく加速させてやると言うような運転のほうが燃費的にも良い結果が出るような、そんな所があって、元々こう言う車に出来上っちゃったのか、プログラムされているのかは判らないけれど、そう言う意味でのスイートスポットです。最近は感覚が覚えている「ソコ」を使うと車速が上がり過ぎてしまうため、意識して踏みを抑える様な運転が続いています。環境が許せば「ソコ」を使って気分良く運転しちゃいますが、燃費計は15MPG台を直ぐに表示してくれます。
原因はエアフロー、単純に流量が増えて沢山ガスを吹いている?、でもエアフロセンサはピンポイントの流速を測っていて、それと元々の流路の断面積を基にして流量を算出してるんだと思われ、今回は流速が上がったという事?と言う事は私のスロボ加工で有効断面積が増えたとの仮想は違ってたって事(笑)逆にエアフロセンサ付近だけ管径を絞って流速を上げればECUを騙せる?騙した所で流量が変わってなければガスが濃くなるだけで燃焼速度が落ちてエンジンは回り難くなるゾ・・・申し訳ない、くどくどと訳の解らない事書いて、私の抽斗の少ない頭の中で起こった思考を再現してみたんです(笑)結論としては、ECUはスロボが加工された事は知らないわけで、また金輪際何が起ころうと書き換えないかぎり流路の面積は常に一定で演算するんだと思われ、有効面積が広くなれば流速は落ちるわけで、ガスは逆に絞られます。つまりサブコンつけて燃料絞ったのと同じ効果でエンジンが回り易くなって(燃焼速度が速まる)結果単位時間当たりの仕事量は増えて燃費が悪化したんだと、勝手に結論に至りました(笑)正しいとは決して断言いたしません、責任も持てません(爆)
扱い易く速い車になっても燃費が悪くなるのはやっぱり嫌だ、でも一度コレを体感しちゃうともう元へ引き返す気にもなれません。高回転域を常用する車でもなしこのくらいなら心配ないとは思いますが、もし本当にリーンに振れて、たまたま良く回るように成ったんなら、警告灯も点いてない訳だし、空燃費計や排気温度計は大袈裟でも排気管の焼けくらいは気をつけて見とかないと不味いかも知れません。
 

87805-md.jpg
 JK用のサブコン?も少し前から発売されてます、プラグインタイプのプログラムが固定されたチップよりは使えそうですが、私の英語力と根気では、説明書を攻略できそうもないし、この貧弱なディスプレイではなおさら不安がつのります。

スポンサーサイト
テーマ:クロカン - ジャンル:車・バイク

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 のたくり日記, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。