ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 参加もしないで能書きばかりタレているのもそろそろツラクなっていたところに、いろいろが在って出る事に(笑)
 参加台数120台、40チーム、3台一組の団体戦です。
DSC02594-s.jpg
 チームメイトのHさん、作戦参謀。
DSC02591-s.jpg
 F君、好青年!
DSC02592-s.jpg
 オヤジ、何気にルビコン初ゼッケンです。
DSC02587-s.jpg
 いつも遊んでくれているJSA東海の穴掘り教授、こうなってからもポイント取って、それからゴール、真似できません。タイヤを壁に架けに行って壁を崩してしまいバルブが飛んだところをちょうど目撃ドキュン、30センチほどコースを拡張してた。上位を狙うチームは走りも過激になりますね。
DSC02588-s.jpg
 今、リザルト見たところで、我チームはロングホイールベースのクラス21チーム中12位でした。トライアングル初参加のオヤジの力量が不明で、チームメイトも作戦に腐心していました(笑)
 失う物の無いオヤジはさして緊張もなく、粗相だけは無いように淡々と走ってなんとか今回は無難?に終了。身内の評価は未だ不明ですが、一部、何も見せ場(ネタ)を造らなかった事に不満の声も(笑)

スポンサーサイト
 道中携帯で連絡を取りながら県内のどこかで行われる4駆によるカークラッシュに連れてってもらうことになり、古川ICで待ち合わせ、ICを降りた所で道端のルートインの看板を発見、速攻予約、予定外のロングドライブで疲れてしまったカミサンはそのままホテルに置いて、迎えに来てくれたサフアリストのモナコさんのY61に便乗させてもらいます。
 お祭りの中のイベントとして行われたカークラッシュ、思わぬ所での初体験でした。
変なフレームを挟んだりせず、純粋にサスペンションだけでリフトUPされていてカッコ良かったなー、リーフなんて殆ど半円でした。ナンバー取ってるかどうかは不明、積車で来てました。
DSC02566-s.jpg
DSC02579-s.jpg

 上のハイラックスを出していたショップの車、三菱のタウンボックスワイド?(白ナンバー)
車自体かなりの希少車のような気がする、リフトUPして下駄山風タイヤまで履いてかなり決ってました。
DSC02563-s.jpg
 宮崎と言う所の夏祭り?夜店で牛タンにもありつけました(笑)
モナコさん、彼女のパインさん、ふみもっこりさんと奥様、お友達の皆さん、気まぐれに現れたおっさんを暖かく迎えていただきありがとう御座いました、久しぶりのお祭り楽しかったです。

 翌日はしっかりと雨降りで、仙台観光は諦めて早々に南下、昨夜連絡の取れた師匠ともう一度連絡を取り、カミサンのリクエストで「栃木和牛」が食べられる所に連れて行ってもらうため那須ICで待ち合わせ。

 昼飯前に PSガレージ でお茶です。
いろんな珍しい車のなかでも、オヤジが一番見たかったXR311とターミネーターのT800です、この二つは国内ではここでしか見られないんじゃないかと思います。
 DSC02585-s.jpg
 米軍のトライアル(採用コンペみたいなもの)用に確か20台くらい作られただけの車両、結局不採用となり、エンジニアがランボルギーニ行ってランボルギーニチータとして日の目をみた車の本物のトライアル車両。こんなのが民間に出てきちゃうのがなんともアメリカっぽい。
DSC02581-s.jpg
 目が赤く光ってなくてイマイチ怖さが足りなかったけどそれでも迫力満点、同じ展示物のナイトライダーのナイト2000は光るギミックが生きていたのにな~。
DSC02583-s.jpg
 昼飯は思いがけず栃木和牛の上を行く大田原牛ありついてご機嫌のカミサンに運転を代わってもらい下道で北関東自動車道の太田桐生まで3時間、高速乗るべきでした(泣)
 太田桐生からは長野道更埴経由でちょいちょい休憩入れながらのんびり走って3時間半、2泊3日で1000キロ以上、車のおかげでそれほど疲れることも無く快適でした。
師匠、無理やりつき合わせちゃって ゴメンネゴメンネ~

 中途半端に古い欧州車は性能や程度の割りに安く買えるものですが、中でもアルファ156だけは一段と安い気がします、丹念に探せば本当に大事に乗られ手を掛けられた車が手に入ります、修理で手痛い目に遭う可能性も有りますが、今現在同じくらいの値段で買えるの国産スポーティーカーよりも遥かに大事に乗られてきた車が多いのも事実です。
 久しぶりに車自体を味わえる楽しい車に出会えた気がします。

 富山に着くまでに、兎に角北へ、と決まり新潟をめざします。
アルファですが、本当に良い車です。TTクーペとデビューも同時期で新車価格もセレスピードとTTの1.8Tだったらそんなに変わらなかったと思う、156と比べるとTTクーペの情けなさは相当です、元々デザインだけの車なのは解かっていて買ったものの、以前家族の乗っていた、値段も用途も極近いC200クーペコンプレッサーと乗り比べた時、あまりの差に愕然(メルセデスの方が車として数段上)とした事を今回改めて思い出す。日本ではその信頼性の面で評価の低いアルファ、セダン(重い)でNA(30馬力近く非力)で2年古く2万キロ以上余計に走ってる156にもボロ負け(笑)TTはターボ車なので絶対的な加速は勝ってますよ、それとスタイル、あと内装、ドイツ車であると言う漠然とした安心感くらいで、それ以外の車としての性能は惨憺たるもの・・・アレッTTクーペの悪口になってる、彼女は、美人なら性格悪くてもOKの典型(笑) 156はと言えば、美人で育ちも性格も良く少し身体が弱いところがまた放って置けない、そんな感じかな。

 そんな訳で全然疲れないし運転自体も楽しくてついつい足が伸び、新潟から磐越道でまだ見た事の無い猪苗代湖まで行こう、となりました。途中のSAでカニと鱒と甘えびの押し寿司を食べ、上越から先初めての北行、去年新潟から下っているので景色は見覚え有りです。

 磐越に入りもう直ぐ猪苗代と言うところで、宇都宮の師匠に晩飯でもと携帯を2度ほど入れるも応答無し、近くまで来たよ、との報告がてら今度は仙台のサファリストに電話、「今猪苗代の近くなんだけど仙台って近いの?」「下道で1時間くらいッス」「ホント!?ジャア高速なら直ぐだね」「直ぐッス!」と言う事で一路仙台へ(笑)ナビをセットしなおして唖然、高速で2時間と出ました。イッパイ喰わされた~(笑)電話に出ない師匠を呪いながら淡々と仙台へ、夕暮れが近付き今夜の宿の手配と牛タンが気になり始めます。

                            つづく

 足車にと激安アルファを買いました。
先週の金曜、松本の陸事まで名義変更に、県外からなので、新しくナンバーも買って封印してもらいます。名古屋から乗って来て一週間、保険会社に連絡だけ入れて、車屋から書類が届くまで奈良ナンバーで乗ってました。
DSC02548-s.jpg
 アルファロメオ156ツインスパーク2.0 セレスピード 2001年式 68000キロ タイミングベルト未交換、エアロ、結構新しいビルシュタイン(BTSキット)17インチホイールタイヤ8分、HID等で29万8千円成り。
 黒いナンバーステイに一部深刻な錆が在り、現場で塗装作業はムリと判断。自宅で封印を壊してナンバーを外し錆を落とし、錆止め塗料の上に黒スプレーを吹いて出かけることに、封印の「長」の字に穴あけたままで自走(笑)自分で外して返納するので、途中で止められない限り問題無しです。でもアルファのディーラー車は皆このステイを使っていて、昔のように車が簡単に錆びちゃう事はなくなったのに、わざわざ安物のステイを取付けて・・・ナンバー外さないと直せないんだから・・・。
 陸事、昔と違いずいぶん親切になりました。長野に来たころはまだかなり、横柄な職員がのさばっていて愛知なんかより遅れてる印象だったけど、Jトップの構造変更の相談の時も凄く親切だったし、今回も午前の受付ギリギリで飛び込んだのに、書類の完成まで10分ほど待ってくれて午前の受付に入れてくれました。

 名変のついでに温泉へ、平日なので旅館も平日料金で泊まれます。久しぶりの福地温泉、温泉地の雰囲気としては一番好きな所、こじんまりとした宿ばかりの小さな集落と言った感じで今時珍しい雰囲気の場所です。 今回は初めて泊まる「草円」良い宿でした、料理、お湯、設備、スタッフ、2万円以下で泊まれる宿の中ではトップクラスのサービスで久々にお奨めできる宿に当たりました。
DSC02557-s.jpg
 明けて土曜日、特に予定も無かったんだけど、天気もよく新しい車で(古いんだけど)遠出する事に。福地は平湯と新平湯の中間に位置しいわゆる奥飛騨温泉郷の一つ、先ず下道で富山に抜けてそこで北陸自動車道を右(新潟方面)か左(金沢方面)かその場の気分で決めることに・・・

          つづく

 14日の動画です、私のオンボード撮影はフロントガラスの汚れで見苦しくてすいません。





 オヤジは日帰り参加です。
DSC02545-s.jpg
 コイルコンバージョンのCJ、宇都宮から積車で・・・△第二戦に向けて気合充分でした。
DSC02541-s.jpg
DSC02526-s.jpg
 別の方向に気合入ってた人(車)天気良かったのにどうやったらこんな汚れ方するんだろ?
「勝手にコース拡張計画」推進中の穴掘り教授でした(笑)
DSC02523-s.jpg
 現場のどこかで重整備が行われている時かなりの確立でこの人が中心に居ます。
DSC02522-s.jpg
 今回はスキルの社長のサファリのフロントサスのリンクの破断。鍛造品の溶接加工、試作だけど2年モッタそうです。
DSC02519-s.jpg
 応急処置は?前と後からハンドウインチで引いてホーシングの位置決め、ホントに走って帰っちゃいました。
DSC02520-s.jpg
 今回は私も師匠もちょいトラブル、無事帰宅できる程度でしたけど。また次に書きます。








| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2009 のたくり日記, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。