ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨日まで仕事で中国に行ってました。 
中国の車雑誌、簡体字が判らないので英文よりもむずかしく、全く理解できません(笑)


 ガソリンが1L75円くらい、一般の人の月収が日本の10分の1くらいと考えると、かなり高価です。ちなみにレクサスのLS460Lが日本円で1600万円以上、RAV4が500万円くらいで売られてるようです。
 LC80の記事も載ってたりします、RX8の日本的な改造の紹介なんかも。ちなみに裏表紙はSPYKERの広告、EUでも4000万円?くらいの車、いくらで売れるんだろ?


 上海郊外の高速道路、雨で濡れた路面、普段から砂埃っぽいところへの雨で、絶対に滑りやすい路面にも関わらず120キロくらいでこの車間距離、それなりにルールはあるんでしょうが、私には理解不能でとにかく超危険です。乗ってる車はBSのタイヤで山もたっぷりですが、相手もそうとは限りません、EUでのタイヤテストで中国製のタイヤの制動距離が最低だったとの話が頭をよぎり居眠りもできません(笑)タクシーに乗るときは車体の新しさや綺麗さよりもボロでもタイヤの残り溝を観て乗ります。 


 中国でも日本車の評価は非常に高いです、値段も高いけれど維持費が安い、壊れないのが受けてるみたい、もちろん性能の良さも評価されてます。少し前まではホンダ、今はトヨタが一番みたい、ホンダはオデッセイが人気、三菱は少ないけれど高性能車のメーカーというイメージみたいです。上海辺りの高速で一番良く見かけるのはアウディー、意外に多いのはGMとクライスラー、フィアットやシトロエンも居ますが撤退は時間の問題(笑)ベンツが少なくてレクサスは羨望の的みたいです。高速でレクサスISの陸送(新車はナンバー無しで移動OK)に出会いましたが、黒いのが2台連なって猛スピードで車混みを右に左にとかわして、水中でペンギンに襲い掛かるアシカみたい(笑)プロドライバーの腕の見せ所なんでしょうが、アクセル全開間違い無しの運転で、皆が見てる訳だしレクサスディーラーのイメージは何処に?って感じでした。

 いつも現地でドライブしてくれる仕事のパートナーが、助手席で足を踏ん張り拳を握り締めて、ウヮッとかウゥ~とか小さな悲鳴をあげ続ける私を見て、「貴方、中国で運転ムリネ」と冷やかします(笑)誰が運転するか!ハワイやグァムなら平気でレンタカーで走り回りますが、絶対にこの国ではムリ、一般道なんかもっとルール無用で、言ってみれば危険回避のビデオゲームの様です。歩行者の信号無視やバイクの逆走は当たり前、左ハンドルなので、助手席に乗ると自分が運転してる気がして神経ズタズタです。
 高速道路はすいていれば150キロくらいで巡航(制限速度はルートや場所によって違いますが100~120キロくらい)オービスも覆面パトもアリです。大体3車線で速い車が内側ですが80キロくらいの大型貨物が一番内側走ってて譲らなかったり、150キロで走ってるこちらの鼻先1メートルくらいに割り込んできたりと、グランツーリスモみたいな事も起こります(恐)
ドケドケのライトのパッシングやクラクションはバンバン使いますが、酷い事をされちゃった後に文句を言ったり、追いかけたりはお互いにしません、全然気にして無いみたいで、やった者勝ち、やられる方が悪いって言うのは、道路に限らず社会全般の縮図の様で興味深いんですが、命懸けの高速移動はチョッと・・・ゆっくり走れと言っても全然聴きません(笑)今回有効だったのは常に話しかける事、話しかけてると、平均速度が落ちるし車混みでの無謀な割り込みもしない事が判りました(笑)平気な顔してきわどい運転してる様で、結構神経張詰めた状態で運転してるんだなーと(笑) 他人よりも前に出る事に対しての執着や集中力、ビジネスでも同じで、そういう人たちが成功して、今車を手に入れて走っているのだと思うと高速道路上での独特のマナーと言うかルールも頷けるような気もします。今回も無事帰国できてなによりでした。
 




 ありがとう御座います、何とか無事帰り着きました(笑)
【2008/03/16 21:15】 URL | のたくり #-[ 編集]

雑誌の見出しが、『CARS WAR ON THE HIGHWAY!』じゃなくてヨカッタ。
出張していたんですね。お疲れ様&おかえりなさい。
【2008/03/16 18:32】 URL | こぞう #Teo8fItk[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 のたくり日記, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。