ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PIC000014.jpg
 日陰の勾配のあるヘアピン、沢の水が路面を流れて下流側の路肩に落ちる堰堤を兼ねたような場所で、10センチほどの厚みで残った雪が凍りついた場所にさしかかったが、ほんの20メートルくらいなのでナメテ掛かってフロントハブフリーのまま2駆で進入、滑りながらもあと5メートルの所まで来て勾配に負けて、片側の前後輪で轍を跨いだ形、進路に対して45度カーブの外を向いてスタック、慌てて外に出てハブをロックして4駆に入れるも完全なアイスバーンでホイルを回すたびにジリジリと重力方向、この場合堰堤の水の落ちるところ、つまり谷側の路肩へ滑り落ちる、路肩まであと50センチのところで諦めてもがくのを止めた。
ハイリフトジャッキで車を山側へずらす事も考えたが歩くのもやっとな路面では危険すぎるし出来たところでまた滑って上がれないだろう、砂を蒔く手も有るがこの位置でこれ以上もがきたくないので、残るはウインチ。山側は全部けんちブロックでアンカーが取れない、ブロックの上の落石止のH鋼の柱しかないが登れそうも無い、40メートルほど先に道路の勾配の関係で3メートルほどの高さのところがあったのでハイリフトジャッキを梯子がわりにしてH鋼にスリングを巻きようやくアンカーが取れ、リモコン片手に車に乗り込みなんとかトラクションが得られる所まで引き終わったところの写真。午後4時を過ぎ急激に冷え込みよりによって雪まで降りだしていたが、ほとんど出しきったワイヤーを巻き終えたときにはすっかり汗だくになっていた。


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 のたくり日記, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。